AGAのメカニズム

名古屋のAGAアドバイザー

AGAは、男性ホルモンが毛母細胞を委縮させるホルモンに変換されることによって発症します。

名古屋のAGAアドバイザーのメインimage

AGAのメカニズム

ある程度の年齢を迎えた男性を悩ませるAGA(男性型脱毛症)ですが、そもそもAGAとはどのようなメカニズムで発症し、髪の毛が失われていくのでしょうか。

ここでは、AGAのメカニズムについて解説させていただきます。

※参考;AGA(男性型脱毛症)治療|AGA治療・薄毛治療の専門病院AACクリニック名古屋

人の体内ではテストステロンという男性ホルモンが分泌されているのですが、このテストステロンに5α―リダクターゼという酵素が作用すると、これがジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンに変換されてしまいます。

そしてこのジヒドロテストステロンには、毛母細胞を委縮させてしまう働きがあります。

そもそも人間の髪の毛は、毛母細胞という髪の毛の“もと”となる細胞が分裂を繰り返していくことによって、成長していきます。

ところが体内でテストステロンがジヒドロテストステロンに変換されてしまうと、この変換されたホルモンが毛母細胞に作用して、これを委縮させてしまうのです。

上でも書いたように毛母細胞というのは髪の毛の“もと”となる細胞ですので、これが委縮してしまうということは、成長する髪の毛も委縮してしまう、もっと言えば、髪の毛が成長しなくなってしまうということになります。

そして長い年月を経て毛母細胞の委縮が進行する結果、毛母細胞が完全に機能しなくなり、髪の毛の定着力が落ちて抜け毛の量が増えたり、新しい髪の毛が生えてこなくなってしまったりするのです。

つまりAGAは、男性ホルモンが毛母細胞を委縮させてしまうホルモンに変換されることによって発症するというわけですね。

よかったらコメントをお願いします。

ペンネーム

URL

性別

男 /

コメント