遺品整理とは何をすることなのか?

ある遺品整理業者がこのように言いました。

「天国へのお引っ越しのお手伝い」と。

とっても優しい印象で素敵ですね。

ある程度、年齢を重ねた高齢者は、旅立ちの準備を自分でする風潮にあります。

しかし、遺品整理となるとプロでしか目が届かない面もあります。

▼遺品整理とは?

故人の遺品をお葬式や初七日などの法要・供養が終わったタイミングで取りかかることが多いですね。

中には、財産として処分して遺族が分けるものもあります。

契約書などの類いは保管しなければなりません。

軍刀や家具や着物などは寄贈されることもあります。

拳銃なんかがでてきたらびっくりしますよね。

産業廃棄物として廃棄するもののもあります。

近親者が他界した場合は、気持ちの整理もつきません。

急ぐ必要がないならば、少しずつすればいいのです。

故人との思い出がいっぱいの遺品は処分するにも時間がかかります。

▼故人に身内がいないならば

個人に身内がいない場合、遺品整理士の資格を持った業者が遺品整理をするケースが多いです。

近頃はこの遺品整理業界をテーマにした映画やドラマが制作されています。

それによって遺品整理の仕事の実態を知った人も多いです。

利用する場合は、引越業者と同じように見積もりをしてもらいましょう。

数社の遺品整理業者の見積もりを見て、相場を判断してください。

高齢化社会で独居老人が多くなっているので、遺品整理業者の存在はますます大きくなります。

この記事は遺品整理のアレコレに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントとトラックバックは現在受け付けていません。