遺品整理を専門業者に依頼するシーン

エンディングノートなどもあり、終活することが普通になってきている昨今。

自分が死んだあと残された人達に迷惑がかからないようにする……如何にも日本人らしいなぁと思います。

市町村などでも、このような取り組みが行われています≫人生の最終段階をどう過ごすか… 富岡市が群馬県内初「終活ノート」5000部作成 – 産経ニュース

しかし、急死した場合は違います。

遺品整理士など専門業者に依頼する場面もでてくるでしょう。

遺品整理を専門業者に依頼するシーンについて紹介します。

▼終活する人が増えている

最近では「人が亡くなること」にあらかじめ準備する風潮が見られます。

生前葬・自分自身でお葬式の手配を済ましている場合もあります。

遺影の撮影をする人もいますね。

遺品整理を自分でしておくことは、これまで生きてきた軌跡を振り返る意味もあります。

お世話になってきた人との別れ。

遺族が悲しみの中でバタバタしないような配慮です。

▼死生観は人によってさまざま

準備が途中になって急逝することもあります。

そんな場合は遺品整理まではできていません。

一般的には遺族が遺品整理をしますが、遠方の親族が死亡した場合、遺品整理をしなければならないこともあります。

面識がなくても核家族化が多くなっていれば、想像していないところから葬儀の手配や遺品整理を求められることもあります。

そんな場合は、遺品整理を専門としている業者に依頼しましょう。

遺品整理は時間もかかります。

思い入れがない品を整理するのは手間もかかります。

遺品整理業者を選んでおくのも終活の一つかもしれませんね。

大手の業者ならば遺品整理士資格を取らせているので安心してまかせることができます。

この記事は遺品整理を依頼するに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントとトラックバックは現在受け付けていません。